2009年05月26日

発酵食品の効能

発酵食品の利点として保存性や独特の風味、
健康への効能も明らかになっています。

発酵とは、微生物の働きで元の食材の成分が分解され、人間に有益な形に変化することだそうです。発酵食品は元の食材に比べて栄養価が高く、消化吸収が良いのが特長です。

特に、大豆を納豆菌で発酵させている納豆は、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどが豊富で、コレステロール低下や動脈硬化予防、老化抑制といった効能で知られています。

納豆菌は、腸内で有害な菌の発生を防いでくれる。納豆菌が作り出す酵素のナットウキナーゼは、血栓を溶かす作用があり、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞の予防に効果がある。血圧の正常化を促す酵素も見つかっています。

納豆好きな人も、そうでない人もこれからどんどん納豆を食べて
健康になりましょう!



posted by 山陽 at 14:43| Comment(0) | 健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。